この高さから考える

フィリピン・ダバオからお届けするミニマリスト生活

ダバオでコスパ最強のドーナツ屋、ゴーナッツドーナッツ。

フィリピン・ダバオを拠点にしているコノタカです。本日は普段から僕が愛用しているコスパ最強のカフェ(と呼べるのか分からないドーナッツ屋)を紹介したいと思います!Wifiはありませんがノマドワークには(個人的に)最適なカフェです。アヤラ系のアブリーザモールの中にあり立地も最高!

 

 

そんなオススメであるお店の名前は、GONUTS DONUTS(ゴーナッツドーナッツ)です!Go nuts の nuts はクレイジーという意味です。ロゴのドーナッツ太郎の顔がイってることからも、適切なネーミングと言えるでしょう。

※ドーナツとドーナッツのどちらの表記にしようか迷いましたが、nuts の印を尊重して今回はドーナッツと書きます。

このお店の個人的なオススメポイントを3つ説明したいと思います。

 

1. 圧倒的に静かである

 

このお店の最大のメリットはお店が非常に静かであることです。正しくはこのお店が静かというよりも、他のお店がうるさすぎます(笑)。ダバオにはたくさんカフェがありますが、ここまで静かなモール内のカフェには未だに出会ったことがありません。全てのカフェを巡ったわけではありませんが、ダバオでは圧倒的に静かな部類だと思います。

 

この静かさには①お客さんがかなり少ないこと②BGMの音が小さい という2つの理由があります。

例えば同じアブリーザ内のスタバ(スターバックス)は常に混んでいるため、周りの人の話し声がうるさいと感じるほどです。プロモ(100ペソでフラペチーノが飲める!などのセール)のときは、動物園に来たかのかと錯覚するほどでした(笑)。またアブリーザ内のCBTL(コーヒービーンアンドティーリーフ)はBGMが大きめで、作業する上ではあまり好きになれませんでした。

 

僕が利用するのは平日の昼過ぎから夕方までの3-5時間程度ですが、座席がないほどに混んでいたことはありません。おそらく平日だと昼から夕方まで平均して15名程度の利用だと思います(テイクアウトのお客は含まず)。正直これだけの集客でやっていけるのか心配なのですが、僕にとってはありがたい貴重なお店です。

 

 

 

2. 安くてそこそこ美味しい

 

ここのドーナッツは、他の有名ドーナツ屋と比べてもそこそこ美味しいです。噂によると実はこのお店のドーナッツ、元クリスピークリームドーナツのお店がクリスピークリームのレシピを真似て作っているそうです。(ライセンスが切れてレシピを流用してる〜等の細かいところまでは知りません。)

 

ここのドーナツはどれでも1つ20ペソ(約50円)、クリスピークリームはオリジナルドーナツが37ペソ(約90円)で他のものが45ペソ(約110円)です。味はクリスピークリームの方が美味しいですが、価格差が2倍ということを考えるとゴーナッツドーナッツも相当いい味です。

 

ちなみに個人的なダバオ・ドーナツランキングは、

1. フレンチベイカー・たまに売ってるドーナツ(1つ20ペソ)

2. クリスピークリーム・オリジナルグレーズド(1つ37ペソ)

3. ゴーナッツドーナッツ・オリジナルグレーズド(1つ20ペソ)

です。基本的にシンプルな味が好きということもあり、どれもシュガーコーティングのものとなっております。残念ながら日本でもおなじみのミスドは、味が違って全然美味しくありません。

 

 

さらに平日の13時から16時の間はホットコーヒーのおかわり自由となっており、59ペソでドーナツ1つ&ホットコーヒー飲み放題です。ただしコーヒーは美味しくないので、僕はドーナツを2,3個を注文します(笑)

 

スタバやCBTLで飲み物を買った場合は、大体100〜175ペソ(約250〜400円)の出費となります。僕はフィリピンで豪遊をしたいわけではなくローカルライフを送りたいので、こういったカフェにはたまにしか行きません。ダバオの平均日給は8時間労働で350ペソ(約800円)なので、8時間働いてスタバのフラペチーノを2つ買うことができる計算です。言い換えると4時間でフラペチーノ1つです。

 

日本で考えると

 例:時給1000円×4時間労働=4000円

となります。スタバのフラペチーノが4000円もしたらさすがに飲む人は減るはずですよね。しかしフィリピンでスタバは大人気。お金持ちとそうでない人の間に経済格差を感じますね。

 

 

3. 立地が最強

 

こちらアブリーザモールの一応正面?入り口(夜)です。タクシーやジプニーで来た場合は、おそらくこの入り口からモールに入るはずです。皆さんクレイジーなドーナッツ顔がうっすらと右側に見えるでしょうか?ゴーナッツドーナッツは正面入り口のすぐ脇に位置しております。それにも関わらず人気がない(笑)

 

どうやら昔はベトナムコーヒーのお店が入っていたらしいのですが、そのお店も業績不振で割とすぐに潰れてしまったようです。なにかの呪いでもあるのでしょうか、もしかしたらここだけ賃料が安いのかもしれませんね(笑)

 

 

また僕の彼女がアブリーザモール近くの大学に通っているため、学校終わりに夕方から会うための待ち合わせ場所にも最適です。

 

 

ちょっと残念なところ

 

ここまで褒めて来ましたが、このお店にも一応残念なところはあります。

 

wifiがない

しかしながらここアブリーザでは天下のスタバにもwifiはありません(笑)。一応GoWifiというフリーwifiがあるので1時間は無料でwifiが使えますが、これはゴーナッツドーナッツでも同じです。CBTLは会員カードを購入すると毎回wifiが使えるようになります。もしネットが必要な場合は、フィリピンの現地ケータイでHotspot(ホットスポット/テザリング)を使用すればPCで作業も可能です。いつもは50ペソでデータ通信1GB(3日間)というプリペイドプランを使用しているため、wifi付きのうるさくて値段の高いカフェにいくよりも断然安く済みます。

 

店内にトイレがない

スタバもCBTLにもトイレはありません(笑)。なのでこの点でも周りと比較してそこまでマイナス要素ではありません。

 

お店の内装がオシャレじゃない

内装はスタバやCBTLなどの圧勝です!しかしスタバでドヤ顔しながらMacbookを開くことに魅力を感じない僕にとっては、人の多さやBGMによる騒音の方がマイナス要素となっています。それに平均日給の半額を費やしてまで、オシャレ空間に身を置きたくありません(笑)

ぐらいでしょうか。おそらくダバオだけでなく、マニラにもドーナッツゴーナッツはあると思います。(きっとマニラ発祥だと思います笑。)気になった方はぜひ足を運んでみてください!