この高さから考える

フィリピン・ダバオからお届けするミニマリスト生活

映画レビュー ヒューマンゾンビコメディ映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」

 

色々問題となってる韓国映画「BATTLESHIP ISLAND(軍艦島)」を見てきました!

レビューを書く前に日本でどのくらい話題なのか調べてみたのですが...韓国ゾンビ映画「新感染」という謎の映画が話題のようですね。



と思ったら見覚えあるおっさんの顔!TRAIN TO BUSANじゃないですか!


↑ TRAIN TO SHINAGAWA みたいな画像ですねw


ちょうど1年前にフィリピンでも公開していて、話題になってたので一応見たことを覚えています。軍艦島のレビュー記事を公開したいのですが、記憶が残っているうちに「新感染」のレビューを書きたいと思います。

 


「新感染 ファイナル・エクスプレス」予告編

 

この映画を一言で表すなら「ヒューマンゾンビコメディ」ですね。

ゾンビの量 が ギャグかと思うくらい多いです。

思わず笑ってしまいました。

人がゴミのようだと言った彼の気持ちが、ほんの少しだけ分かったような気がします。

 

そこまでゾンビ映画に詳しいわけではありませんが、バイオハザードのようなシリアスなゾンビやクリーチャーは出てきません。むしろコミカルでちょっとおバカなゾンビが大量に出てくるので、途中からむしろ可愛く見えてきました笑。

フィリピン人の彼女と一緒に見たので、一応感想を聞いてみました。

「コメディーありのホラーヒューマンドラマ」だそうです。「ヒューマン」と「コメディ」の順番が違うだけでほとんど同じ感想ですねw

ちなみに日本でのタイトルが「新感染 ファイナル・エクスプレス」だと伝えたら、「何で日本はいつもダサいタイトルつけるの!」と言われましたw さすがに新感染と新幹線のダジャレは痛いですねw

韓国人の俳優や女優についてはよく分からないけど、妊婦の女優さんは美人でした。子役はホラー映画あるあるだと思いますが、結構駄々をこねていて面倒なやつだと思ってしいましたね。

この映画の前の話で「Seoul Station」というアニメ映画も公開していたのですが、こちらは見ませんでした。といこの映画の前を描いた作品もありましたが、そちらは見ていません。

総評としては普通に面白い映画でした!フィリピンにて約400円でこの映画を見ましたが、日本で1,500円払って見ても損はないと思います!