この高さから考える

フィリピン・ダバオからお届けするミニマリスト生活

フィリピンでの正しくお得なスマホの使い方


フィリピンのスマホ事情について正しい理解を

フィリピン・ダバオに住んでいる者として非常に悲しい!フィリピンのインターネット事情(スマホ・携帯)について、ネットの世界は残念な情報で溢れかえっています。

SIMカードは空港で買うべき!データ通信使い放題が便利!」とか「SIMフリーのスマホにプリペイドSIMを入れてチャージすればネットもテキストも電話も使える!」とか、どこのサイトも適当なこと書きすぎじゃないですか?

特にフィリピン留学に特化したサイトとか語学学校のサイトとか。正直に言って申し訳ないのですが、無駄な出費をさせて通信会社からコミッションを貰ってるのかを疑うレベルです。

百歩譲って古い情報なら仕方ないかと思いましたが、2016年に更新された記事もあるようです。ここはただの個人ブログなので大きな留学系メディアには太刀打ちできませんが、1人でも多くの人に「フィリピンでの正しいスマホの使い方、お得な使い方」を知ってもらいたいと思っています!

※ フィリピンには主な携帯の通信会社が3つあり、僕はSMARTという会社のSIMカードを使っています。他2社については情報が集まり次第更新します。しかし基本的にはどこも似たようなプラン内容なので、この記事の一般論的内容はあてはまることでしょう。

2017.9.8
コメントを参考にGPP LTE、SmartのSIMカード無料配布@NAIAについて加筆 

僕がベスト/お得だと思う使い方

まずは結論から、

空港のデータ通信使い放題プランではなく、現地のフィリピン人が使っているローカルなプランを使う!具体的には、

SMART
:SMモールで300ペソのロードカードを購入。データとテキストのみならGIGA50、電話も必要ならALLOUT99のサブスクリプションを利用する。

SUN
:調査中

GLOBE
:調査中

(何を言っているのか分からなくても大丈夫です。順を追って説明していきます。)




料金の支払いはプリペイド方式

携帯料金の支払い方法には日本と同じく、ポストペイドプリペイドの2種類の支払い方法があります。僕はプリペイドの方が使いやすくお得だと考えているので、ここではプリペイドについてのみご説明します。(ポストペイドだと日本と同じように2年契約となってしまい、留学や旅行の用途には適しません。)

プリペイド形式(プリペイドSIM)の特徴は、自分のSIMカードに事前にお金をチャージする必要があることです。(お金をチャージすることをロード/ロードすると言います。)日本では「プリペイドは使いすぎないこと」がメリットと言われているような気がしますが、むしろ「自分で使う量・期間を決められること」がプリペイド最大の魅力だと僕は思っています。



プリペイドSIMの使い方

またプリペイドSIMにも使い方が2種類あります。

1. ロードしたお金をそのまま使う方法
2. ロードしたお金でプランを契約して使う方法

この2つはの違いはかなり大きく、かかる金額は大きく異なります。(プランのことをサブスクリプション/subscription、プランを契約することをサブスクライブ/subscribeと言います。)

あくまで一例ですが、プランなしだとテキスト(ショートメッセージ、SMS)が約2円/件で、プランありだと約20円で1日テキストを送り放題となります。

日本で売られている外国人旅行者用のプリペイドSIMは1に近く、日本で使われているプリペイドSIMも1に近いのではないでしょうか。もちろんフィリピンでの利用は、サブスクリプションを契約する2の方が断然お得です

(昔は携帯電話においてパケット契約がメジャーだったと思います。電話20分無料でデータ300MBまで毎月無料、のような感じです。しかしそれをオーバーすると、かなり高いレートで請求されていたことをよく覚えています。僕はほぼスクリプションを利用しているため、1の状態は通信料や電話量をオーバーして高い金額を請求されている気になります笑)

※ 例外的に「2,3通だけテキストを送りたい」場合は1の方が安くなります。「日本に一時帰国をする直前、サブスクリプションはすでに切れてしまった、しかし出国前に彼女にテキストを送りたい。」こんなときはそのまま送ります。




スマホでネットを使うのに必要なもの

SIMフリーの携帯、フィリピンのSIMカード、ロード」この3つが必須になります。SIMフリーの携帯は日本から持ってくるもよし、フィリピンで買うもよし。そこそこ使えそうな安いスマホが3,000〜5,000ペソ(約7,000〜12,000円)で売っているので、防犯も兼ねてフィリピン携帯を買うのもありですね。ただしあまりに安すぎるものはLTEに対応していないので気をつけて下さい。最新のAndroid 7.0なのに3Gまでしか使えないスマホが普通に売っています。(ダバオはかなり安全な街なので、僕はiPhoneを普通に使っています。)

この価格帯だと携帯のブランドは
チェリーモバイル/Cherry Mobile(フィリピン)
マイフォン/MyPhone(フィリピン)
サムスン/Samsung(韓国)
ファーウェイ/Huwaei(中国)
ヴィヴォ/Vivo(中国)
オッポ/Oppo(中国)

のエントリークラスのスマホです。日本では買えない携帯もあるので、ガジェット好きの方やネタが欲しい方にはオススメです。

またSIMフリーのスマホを持っていないという方でも、SIM下駄と呼ばれるチップを使うことでSIMロックを解除できます。


残り必要なものはフィリピンのSIMカードとロードです。これらはフィリピンにて調達しましょう!



 

SIMカードはどこで買うべきか


SIMの値段はおそらくどこも40ペソなので、空港で買っていいと思います。到着ゲート付近にSmart、Globe、Sunなど通信会社のブースがあるので、そこで購入できます。ただし買うのはSIMカードとロードカード(ロードが入ったカード)だけでいいです。プランは契約しないように。

また空港のブースではSIMを無料配布している場合があるようなので、ブースを見つけたら確認してみるといいでしょう。

2017.9.8
マニラNAIAの到着(アライバル)フロアでSmart SIMの無料配布をしているとの情報提供をいただきました!300MBのデータが無料で使えて、さらに30ペソ以上をロードすると追加で700MBが使えるようになるようです(合計1GB)。1週間ほど滞在するだけなら、動画を頻繁に見ない限り1GBでも足りると思います。

ちなみにロードカードはSMモールで買ったほうが若干安いです。SMARTであれば300ペソのカードが290ペソ、500ペソのカードが490ペソで購入できます。(ダバオでしか確認をしていませんが、他の都市でも同じだと思います。)

もし空港で「300ペソのカードを買うだけで、SIMカードも無料でもらえる」等のキャンペーンがやっていれば空港で買うべきでしょう!

裏技的ですが、同じ英語学校にもうすぐ帰国する人がいれば、その人からSIMカードを譲り受けてもいいかもしれませんね。(こちらは自分の交渉力次第です笑。)


 

空港でプランを契約してはいけない

空港ではSIMカードを購入すると同時に、プラン(サブスクリプション)も契約できます。が、このサブスクリプションめちゃくちゃ高いです!たしか「7日間で400ペソ」のものがあったと思うのですが、お金を節約したい方はうっかり契約しないように。僕の携帯料金なんて1ヶ月で400ペソですよ?笑

空港で契約できるプランが高いのは「データ通信が使い放題」になっているためです。

一ヶ月の留学や数日の旅行に、データ通信使い放題って必要でしょうか?使い放題といいつつ800MB/日など制限があると思いますが、さすがに使い切ることないと思います。

皆さん普段日本でどのくらいデータ通信使ってますか?僕の場合は多くても1ヶ月で5,6GBでした。仮に1ヶ月6GB使用しているとしても200MB/日しか使っていない計算なので、データ通信が使い放題を契約する必要はないでしょう。

それに留学/旅行のためにフィリピンに来るのでしたら、ゲームをし続けたりYoutubeを見続けるのはもったいないです!ホテルや学校でもwifiは使えるでしょうし、日本人が行くようなカフェには大体フリーwifiがついているので、パソコン作業などはそこで行えば問題ありません。

つまり、そこまでデータ通信は必要ないというわけです。LINEとFacebookにTwitter、そしてGoogle mapだけだったら、使ってもせいぜい100MB/日くらいでしょう。

また「値段の高いプランだから繋がりやすい」とか、「空港で契約したからスピードが速い」なんてことは全くありません笑。繋がるときは繋がるし、ダメなときはダメです。


 

SIMカードにチャージ(ロード)する方法

ロードカードを使う場合には、まずカードの裏面を削って番号をゲットします。そしてSmartの場合は 1510 + カードの番号 にCALL(電話)するだけです。

他の2社も1510の部分が変わるだけで方法は同じです。

またカードを使わずに直接ロードを売っているお店からチャージも可能です。セブンイレブンだと手数料がかかりませんが(できないセブンイレブンもあります)、個人経営のサリサリストアではいくらか手数料がかかります。


おすすめプラン

SmartならGigasurf50Allout99がおすすめです。電話がいらない場合はGigasurf50で、電話もしたい場合にはAllout99がオススメです。

Gigasurf50(50ペソ、3日間有効)
・シェアできるデータ通信1GB
・Youtube等の動画サイト用データ300MB
・GLOBEを含むすべての会社にテキスト送り放題
・3日間有効

ALLOUT99(99ペソ、7日間有効)
・データ通信1GB
・Facebookアプリ使い放題
・GLOBEを含むすべての会社にテキスト送り放題
・Smart, TNT, Sun に電話100分

となっております。Gigasurf50の「シェアできるデータ通信」というのは、データを誰か別のSmartユーザーにシェアできるということです。(1ペソの手数料がロードから引かれます。)シェアされた側にお金は一切かからず、データは受け取ってから24時間のみ有効です。

また3日間や7日間という期間は、厳密に言うと72時間と168時間です。(今日の12時に契約をしたら、3日後や7日後のの12時ぴったりに契約が切れます。)

期間があらかじめ決まっているので、契約終了になったらまた契約するという感じです。


サブスクリプション契約方法

契約方法は非常に簡単です!

9999にテキストでGIGA50と送るだけです!(ALLOUT99ならALLOUT99と送るだけ。)

そうすると契約完了しましたとテキストが送られてきます。

これでインターネットやテキストが自由に使えます!



以上、フィリピンで携帯をお得に使う方法でした。これからも最新の情報が入り次第、記事の更新をしていきます!画像が手に入り次第、分かりやすいように画像も追加していきますのでお待ち下さい!