この高さから考える

フィリピン・ダバオからお届けするミニマリスト生活

mineoなら即日で電話が開通!一時帰国中に電話が使いたい人の救世主!


急遽音声通話ができるsimカードが必要になったので、PCデポという電気屋でmineo通話simの即日開通をしてきました。「海外で生活しているが住民票はまだ日本にある」というレアな人の一時帰国時にはオススメ出来るsimだと思います。

mineo通話simは格安simの中でもかなり個人的に使いやすく
・解約金がかからない ( 解約金がかからない音声通話ができる格安simは現状 mineo, FREETEL, イオンモバイルのみ )
・PCデポなどで即日開通できる
・エントリーパッケージの事前購入で初期手数料が約500円と安い
などの特徴があります。

またmineoに決めた一番の理由は「即日開通ができるPCデポが家の近くにあるから」です ( 笑 )。FREETELもイオンモバイルも即日受け渡しの店舗を調べましたが、どちらも家から遠い店舗しかありませんでした。FREETELの方が料金的には少し安い?と思ったのですが、往復で1,000円以上の電車賃を払うことになるのでむしろ高くつきます。( 休日の都内のお店は混んでるから行きたくない、というのもありました。 )

ちなみに今回契約したのはDプラン ( ドコモ回線 ) のデュアルタイプ3GBです。


それでは即日開通の様子についてまとめていきます。

まずはPCデポ行く際に準備したもの
・身分証明書 ( http://mineo.jp/flow/verifying/ )
・自分名義のクレジットカード
・エントリーパッケージ

次は時系列でその時の様子を説明をしていきます。

開通を行ったのは2017.11.25 ( 土曜日 ) の午前中です

10:08 
PCデポに到着
すでに5人程並んでいたので一緒に並ぶ

10:10
10:15開店の予定だが、5分ほど早い開店となった
入店とほぼ同時にスタッフに対応してもらう

10:13
料金プランの説明が始まる
説明が終わり登録用紙を店員が取りに行く

※ 1秒でも早く開通させたい場合には「全部調べて分かっています。◯GBの通話プランでオプションは全ていりません。」などと伝えましょう。
※ 初期手数料の説明時にエントリーパッケージの話となるので、持参したことを伝えましょう。

10:17
契約申込書 ( 即日開通用 ) の記入
氏名、住所、電話番号、eoID、eoIDのパスワードなどを記す

※ エントリーパッケージ持ち込みの場合には店員に確認をとりましょう。パッケージそのものを持ち込んだ場合にはおそらく手渡しになり、コードしか分からない場合は余白などに書き込む形となります。( 登録用紙自体には記入場所がないため、コードのみ持ち込みの場合は先に伝えた方が手間が省けます。)
※ PCデポで売っているパッケージは2,000円 (たぶん税抜き価格 ) なので、amazonやフリマアプリで購入した方が安いです。 
※ eoID/eoIDのパスワード ( 登録に必要なmineoのIDとパスワード ) を決める必要があるので、悩みそうな人は事前に考えていくべきです。
※ 電話番号の記入が必須のようで、連絡のつく電話番号がない場合は受け付けてもらえないようです。IP電話の番号を持っているといいのですが、家族や友人また場合によっては滞在先のホテルなどで対応できるかもしれません。

10:35
mineo重要事項説明書類のチェック
チェック終了後に店員が申し込み手続きを始める

10:50 
申し込み手続き完了
mineo申込内容確認書 ( お客さま控え ) をもらう
約1時間後にまた来るように言われる
退店

12:00
再度PCデポに到着
さきほどと同じ席で待つように言われる

12:20
待つこと20分 ( 合計で約1時間30分かかった )
simカードと領収書とかをもらって終了
自分でその場で初期設定等を行う

※ 店員の方には開通まで約1時間かかると言われたが、重要書類に1時間30分かかると書いてあった ( ネットの口コミもだいたいそのぐらい ) ので、1時間30分後に戻ってきた方が良い気がします。
※ 「PCデポでは1,000円のサポート代金が必ず発生する」という口コミをみかけたが、全部自分で設定すると伝えることでサポード代金を払わなくて済んだ
※  simの初期設定には開通させたsim以外のインターネット ( 家のWIFIや誰かの携帯からのテザリング )  が必要になる。simを入れてすぐにでも使いたい場合には、PCデポに向かう前にプロファイルのインストールを済ませておけば多分OK ( https://support.mineo.jp/setup/guide/ios_network.html )


と、約2時間で通話simが開通しました。

合計でかかった費用は

・エントリーパッケージ代 450円 ( ラクマで購入 )
・simカード発行料 ( Dプラン ) 425円
・Dプラン デュアルタイプ ( 3GB ) 1,728円/月の5日分相当

エントリーパッケージは楽天ポイントで購入し、残りは翌月の請求と一緒にクレジットカード決済となるようです。

フリータンクやフリマアプリでもパケットが買えることを考慮すると、プリペイドsimを買うよりも圧倒的に安いですね。しかし今回のmineo登録も日本に住民票があるからできたことだと思っています。海外転居をしてしまった場合にはどうなるのか疑問です。マイネオの掲示板で聞いてみて、その内容を再度記事にできたらと思います。